Facebook

個人アカウントとFacebookページの違いとは?

megumi
megumi
こんにちは!megumiです!
プロフィール

Facebookアカウントには、2つのアカウントが存在するのをご存じでしたか?

多くの人が一番最初に登録するのが、個人アカウントになります。一方、Facebookページとは企業・ブランド・団体などが、ユーザーとの交流や情報発信を目的として運営するためのものになります。

個人アカウントは1人に対して1つのアカウントが原則ですが、Facebookページは、上限なくいくつもつくることができます。(ただ、作りすぎるとあやしいアカウントとして判断されてしまうらしいですが)

個人アカウントとFacebookページは似ているように感じますが、少しずつ出来ること、出来ないことが異なってきます。
例えば、Facebookページでは友達申請を送ることはできません。

ここでは、個人アカウントとFacebookページについて分かりやすく解説していきます。

個人アカウントとFacebookページのちがい

名前

個人・・・Facebookの個人アカウントは実名登録です。

Facebookページ・・・企業名・企画名・商品名など自由に名前を変更することができます。

目的

個人・・・友達との交流

Facebookページ・・・ファンとの交流または商品や企画について知ってもらう

アカウント数

個人・・・個人につき1つ

Facebookページ・・・上限なし

友達条件

個人・・・上限は5000人になります。

Facebookページ・・・上限はない

友達申請

個人・・・友達申請をおくり、承認されると友達になります。

Facebookページ・・・こちらから友達申請はできません。「いいね!」のリクエストを申請することはできます。

メッセージ

個人・・・誰にでもメッセージを送ることができます。

Facebookページ・・・こちらから、メッセージは送ることはできません。

投稿のコントロール

個人・・・投稿の見える範囲を「一般公開」「友達」と変えることができます。友達にしか投稿はみせたくないという場合は「友達」にしておくいいです。

Facebookページ・・・一般公開のみ

Facebook広告の出稿

個人・・・できません。

Facebookページ・・・可能

予約投稿

個人・・・できません。

Facebookページ・・・可能

インサイトの利用

インサイトとは、アクセス数や投稿が見られた回数が表示される分析機能のことです。

個人・・・できません。

Facebookページ・・・可能

アプリケーションの追加

個人・・・できません。

Facebookページ・・・可能

Facebook×Instagram広告わかりやすい集客ガイド
広告